• ふらっと寄れて楽しめる町の週末体験農園です

    今回は、奈良の伝統野菜「大和野菜」の種や苗など栽培したいと思った時に実際に手に入れるのか?調べてみました。

    京都では、京野菜というものが、広く周知されていると思いますが、奈良にも昔ながら受け継いできた古都奈良の伝統野菜があります。そんな、伝統野菜を自分で栽培できたら良いですよね。買えるものと買えないものがあるみたいなので、調べた結果を紹介します。

     

     

    はじめに、大和野菜とは?

     

    戦前から大和(奈良)で栽培をしている品目で、奈良の地域の風土、文化・歴史を受け継いだ作物です。

    奈良県が平成17年10月から認定を始めて、現在は20種類が認定をうけています。ただし、認定は受けていないが、在来の種は他にもたくさんあります。

     

     

    伝統野菜の種を買えるところ

     

    実は、買える大和野菜が買えるところは、奈良の種苗屋さんで取扱をされているところは、結構ありました。

    種では、

    大和まな、千筋みずな、祝だいこん、大和きくな、半白きゅうり、

    黄金まくわうり、ひもとうがらし、紫とうがらし、

    大和三尺きゅうり、今市カブ、大和丸なすがありました。

    ↓↓ちなみに、奈良県のホームページに記載されているのが見つかりましたので、こちらに記載しておきます。

     

     

    まとめ

     

     

    奈良の伝統野菜のブランディングに力を入れているみたいで、取扱をされている種苗屋は多いみたいです。

    ただし、すべての大和野菜ではないので、手に入るかどうかは直接連絡を取るほうが確実です。

    現在はネットでも購入できるものもあります。

    ぜひ、このブログで少しでも興味を持てれば、奈良の伝統的な大和の野菜を味わって見てほしいです。

     

     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください