• ふらっと寄れて楽しめる町の週末体験農園です

    連作障害とは、毎年同じ種類や同じ科の野菜を同じ畑で作ると、年々育ちが悪くなって障害が出てきます。

    ①有害土壌微生物による被害(ネコブセンチュウなど)

    ②土壌伝染病害 病気の菌

    ③特定の養分ばかり吸収されて土の中の養分の偏りなど

    同じ野菜や同じ科のものは一度栽培したら、3~4年は全く別の種類の野菜を育てるようにしてください。

    ↑↑これを輪作といいます。

     

    連作障害が出にくい野菜と輪作年数がある野菜一覧


    4~5年間休んだ方がよい野菜

    エンドウ、ゴボウ、サトイモ、スイカ


    3~4年間休んだ方がよい野菜

    カリフラワー、トウガラシ、トマト、ナス、ピーマン、メロン


    2年間休んだ方がよい野菜

    インゲン、キュウリ、キャベツ、結球白菜、サラダ菜、ジャガイモ、ショウガ、レタス


    1年間休んだ方がよい野菜

    コカブ、ほうれん草、ミツバ


    連作障害が出にくい野菜

    かぼちゃ、サツマイモ、大根、玉ねぎ、ニンジン、ネギ、ミョウガ


     

    輪作の方法

    畑を4分割してローテンションすることで、連作障害を防げます。

    マメ知識

    カブなどアブラナ科は虫がよりやすいので、少量でしたら、プランターで栽培でもよいです。楽しんで、美味しいものを作るととても楽しいので、いろいろ自分なりに楽しんで有効活用してください。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください