• ふらっと寄れて楽しめる町の週末体験農園です

    こんにちは。

    奈良の住んでいる梶木です。

    今年もちょうど出穂してきました。おいしいお米になってほしいと思う今日この頃です。

     

     

    今回書かしていただくことは、コメ作りは本当に儲かるの?っのお話です。

     

     

    現実問題どうなのか検証しながら見ていただければと思います。

    私の米作りは奈良です。

    米の品種は現在ヒノヒカリ

    面積は7反です。

     

    経費などはざっくりしたかたちで書くのですが、あらかじめトラクターと田植え機はもっており、

    私の家では米の苗作りから田植えまでしています。コンバインと乾燥機など持っておらず、刈り取りから委託してます。

     

    そんな、兼業の米作りをしているのですが、コメの30㎏の買取というのが、相場が1本7000円ぐらいに相場がなっております。(自分の家の近くが)

     

    それをふまえると、だいたいの売り上げを計算できます。

     

    1反でだいたい7俵ほど取れます。420㎏ですね。30㎏の玄米が14本×7000円ほど=約10万円の売り上げになります。

    そして刈り取りから委託してますので費用が約5万円かかります。

    それと農薬と肥料や機械のメンテナスなどで約3万ほどかかります。

    すると、1反にして、2万ほどの利益が出る形となります。

     

    単純計算でしているので、7反ですと一年間米を作って14万円の売り上げがあります。

     

     

    これを見てお気づきでしょうか。米作りは小規模でするなら、食べる分だけ作る方が賢いくらいの売り上げにしかなりません。

     

    例えば、仮にコンバインや乾燥機をもっていたとします。

    そうすることで、費用の5万円が浮きます。1反当たり7万の売り上げですよね。機械を持っていればですが。

     

    もし、お米で収入を上げるのであれば、規模の拡大化&米のブランド力の活用&産地で作るですね。

    新潟など産地によって値段が全然違ったりしますので。そこも考慮していただければと思います。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください